中期財政計画

更新日:2019年03月19日

 市財政の現状を正確に把握し、現状分析に基づいた中長期的な財政収支を見通すことにより、財政の健全性を確保し、今後の財政運営や予算編成の指針とするため、中期財政計画を策定しました。

計画策定の基本的な考え方

計画期間

平成31年度から平成35年度までの5年間

会計単位

普通会計(一般会計、駐車場事業特別会計)

計画の見直し

毎年度、社会情勢の変化等を踏まえ修正し、当該年度以降の5年間の計画を策定します。

策定時期は、前年度の決算状況や予算編成方針の作成等に合わせて策定することとします。

歳入・歳出の試算方法

歳入は、予算科目別に試算します。

歳入の予算科目は「財政用語(歳入関係)」のページをご覧ください。

歳出は、財政計画の目的や他団体の策定状況等を踏まえ、性質別の体系で試算します。

歳出の性質別分類は「財政用語(歳出関係)」のページをご覧ください。

関連資料

この記事に関するお問合せ先

米原庁舎 総務部 財政課

電話:0749-52-1553
ファックス:0749-52-4447

メールフォームによるお問合せ