第7回米原市庁舎等整備検討委員会の会議報告

更新日:2017年11月30日

会議の概要

開催日時

平成26年10月29日(水曜日)午後7時から午後9時まで

会議内容

第7回委員会では、市の新たな拠点の実現に向けた市庁舎建設候補地について検討を行いました。

新庁舎の建設候補地

建設候補地の抽出

建設候補地は、財政負担の軽減のため、用地取得が掛からない「公有地」を前提として、第6回委員会で確認した庁舎規模(延床面積10,000平方メートル、駐車台数158台)が確保できる敷地を抽出し、5つの候補地を設定しました。

5つの候補地
伊吹庁舎敷地 山東庁舎敷地 近江庁舎敷地 米原庁舎敷地 米原駅東口
市有地
3,190平方メートル 8,280平方メートル 6,960平方メートル 10,730平方メートル 7,090平方メートル

候補地を選定する評価項目の設定

候補地を選定する評価の視点として、地方自治法に庁舎(地方公共団体の事務所)の位置に関する規定があり、この規定を踏まえて候補地の選定に係る評価項目を設定しました。

候補地選定に係る評価項目

1.まちづくりとの整合性
評価項目 評価内容
市上位計画との整合性 総合計画、都市計画マスタープランとの整合
2.市民の利便性
評価項目 評価内容
都市機能の集積
  • 他の官公署との位置関係
  • 金融機関や商業施設等との位置関係
交通アクセス
  • 公共交通機関とのアクセス性
  • 車両による道路面のアクセス性
3.防災拠点、安全性
評価項目 評価内容
防災拠点としての安全性 庁舎の災害に対する安全性(浸水、活断層等)
災害時の機能維持性 災害発生後における輸送面の機能性、他の機関との連携の確保
4.事業の可能性、経済性
評価項目 評価内容
敷地条件等の適性
  • 周辺インフラ(道路、上下水道、電気等)の整備状況
  • 敷地形状、周辺への影響、都市計画上の規制など
事業費 庁舎建設費、解体費、仮設事務所建設費などの費用
(庁舎建設費以外の費用を抑制できるか。)
工期の確実性 予定期間内に整備が可能か

関連資料

この記事に関するお問合せ先

米原庁舎 政策推進部 政策推進課

電話:0749-52-6626
ファックス:0749-52-5195

メールフォームによるお問合せ