米原市における通学に関する基本方針

更新日:2018年02月21日

基本方針策定の背景と経過

市内小中学校通学の現状と課題

米原市内の小中学校における遠距離通学者等に対しては、スクールバスの運行や公共交通機関の利用補助などにより対応しています。

しかし、近年、児童生徒数の減少により通学時の安全確保が難しくなってきていることや、学校統合でバスを運行したことによる徒歩通学者とのバランスなど課題が生じてきたため、米原市全体の通学のあり方を検討し、改善・充実を図る必要があることから、「米原市における通学のあり方に関する検討委員会」を設置し、検討を重ねていただきました。

検討委員会での協議

全4回にわたって議論を重ねていただき、平成26年12月に提言書として教育委員会に対し報告をいただきました。

協議経過等については、次のリンクをご覧ください。

米原市内小中学校の通学に関する基本方針の策定

この提言を受け、教育委員会では、米原市内小中学校の通学に関する基本方針をまとめました。今後、この方針に基づき、児童生徒の安全安心な通学の確保を図ってまいります。

その他の施策

通学路の安全確保に向けた着実かつ効果的な取り組みを推進するため、米原市通学路交通安全対策推進会議設置要綱に基づき、道路管理者、警察、学校関係者、教育委員会等により構成された「米原市通学路交通安全対策推進会議」を設置し、米原市通学路交通安全プログラムを策定しています。

詳しくは、次のリンクをご覧ください。

関連情報

PDFファイルダウンロード

この記事に関するお問合せ先

山東庁舎 教育委員会事務局(教育部) 教育総務課

電話:0749-55-8107
ファックス:0749-55-4040

メールフォームによるお問合せ