ケーブルテレビ施設整備事業

更新日:2017年11月30日

住民と行政の双方向型のまちづくりを目指してケーブルテレビを整備

 合併により「米原市」が誕生し、市として統一した行政情報サービスを行うことが課題となっていました。
 市としては一刻も早く、市民の一体感をつくるため、市内全域にケーブルテレビ(CATV)網を整備し、身近なテレビ映像を通して行政情報や市内の行事・話題などを行政放送チャンネル『伊吹山テレビ』をとおして、市民のみなさんにお届けし、情報を共有できる様、既存の伊吹地域、山東地域に加え、平成17年度は米原地域、平成18年度は近江地域へのエリア拡大を推進し、市内全域で約8割弱の方が加入していただきました。
 市民が共有しあえる行政情報サービスであるケーブルテレビは魅力あるまちづくりを進めていくためのツールです!

鮮明な画像受信と行政情報専用チャンネルの設置

 ケーブルテレビは、アンテナ受信とは違いテレビ放送の有線による受信システムで、光ファイバーや同軸ケーブルにより加入者宅へ放送を配信する情報メディアのひとつです。
 一般テレビ放送のほか、多チャンネル放送(映画・音楽・スポーツ・ニュース・アニメ番組や地域情報番組、BS・CS放送など)を電波障害を受けることなく鮮明に受信することができます。
 また、行政情報専用チャンネルを設け、自主放送番組や文字放送番組を制作して、皆さんの都合のよい時間にご覧いただき、情報を得ることができます。
 さらに、インターネットの高速通信(平成23年3月現在最大速度160Mbps)が可能となり、都市圏とほぼ同様の情報通信環境を実現できます。

事業内容について

 ケーブルテレビの整備は、市も出資している民間ケーブル会社(株式会社ZTV)が事業主体となって通信基盤整備を行う「第3セクター方式」の事業です。
これにより、初期コストや施設の維持管理経費の負担が軽減でき、今後の財政負担をトータル的に抑えることができます。
 株式会社ZTVのネットワークセンターから米原市役所を基軸とした大容量の光ファイバー幹線を整備しHFC方式(注釈)により市内全域のご家庭までネットワークケーブルを引込みました。
(注釈)HFC方式:CATV網のネットワーク構成方法の一つで、光ファイバーと同軸のケーブルを組み合わせたもの

加入時の費用と利用料金について

 加入促進策として、加入負担金は一括で市が負担します。ただし、引込工事費(15,750円)と宅内工事費につきましては、実費となります。

Q&A

よくある質問に対する株式会社ZTVからの回答です。

お問い合わせ

株式会社 ZTV
電話番号:0120-222-505

この記事に関するお問合せ先

米原庁舎 政策推進部 情報政策課(広報)

電話:0749-52-6627
ファックス:0749-52-5195

メールフォームによるお問合せ