米原曳山祭

更新日:2022年04月20日

曳山旭組
曳山祭
曳山祭3

米原曳山祭について

米原の曳山祭は鎮守湯谷神社の祭礼に長浜の曳山祭を見習って、江戸時代の後半期に始まったと言われています。「改訂近江国坂田郡志」第4巻の湯谷神社の項には「明和7年(1770年)、3輛の曳山を造り、祝日に児童をして狂言を演ぜしむ」と記述してあります。
(注)米原曳山祭保存会ホームページから引用
現在は各曳山を所有している山組から選ばれる小学1年生から6年生の男の子たちが曳山の上で演じる子ども歌舞伎が曳山祭の醍醐味で、春先から厳しい稽古を受けた子どもたちの華やかな姿と名演技は、多くの人々を魅了しています。

開催時期

例年10月上旬に3日間かけて開催されます。
(注)2022年度は実施予定です。

アクセス

米原駅東口から湯谷神社まで徒歩約10分

駐車場

駅周辺の民間駐車場をご利用ください。

この記事に関するお問合せ先

本庁舎 まち整備部 経済振興局 シティセールス課

電話:0749-53-5140
ファックス:0749-53-5139

メールフォームによるお問合せ