第14回国史跡鎌刃城まつり

更新日:2020年11月18日

(イメージ)第14回国史跡鎌刃城まつり

開催場所・会場
鎌刃城,物生山城,米原公民館
開催日・期間
令和2年(2020年)12月6日(日曜日)
イベントの種類分野
イベント / 文化・芸術

今年で第14回を迎える鎌刃城まつりでは、午前中に現地見学会、午後に講演会の2本立てで行います。

午前中の現地見学会は、物生山(むしやま)城踏破の健脚コースと鎌刃城をめぐるコースの2コースを用意しました。
健脚コースは、佐和山城に近在する物生山城(彦根市)を踏破します。
鎌刃城コースは、続日本100 名城である鎌刃城を歩きます。

午後からは、大河ドラマでも注目の明智光秀と本能寺の変について、最新の研究成果から講演を行います。

ぜひ鎌刃城に訪れてみませんか。

イベントの詳細
内容

現地見学会(午前9時30分から午後0時30分まで)

  1. 物生山城踏破!健脚コース(約3.5キロメートル、高低差100メートル)
    解説:米原市教育委員会 石田 雄士
    定員:25人(申込必要、先着順)
    集合場所:米原市役所 米原庁舎
     
  2. 鎌刃城コース
    解説:米原市教育委員会 小野 航
    集合場所:西番場公民館
    講演(午後1時35分から午後3時15分まで)
    会場:米原市米原公民館 大ホール

説明:「米原市文化財保存活用地域計画について」

講演:「本能寺の変に迫る~最新の研究成果~」
講師:三重大学教授 藤田 達生氏

定員

現地見学

  1. 健脚コース:25人(事前申込必要、先着順)
  2. 鎌刃城コース:定員なし(午前9時から受付開始)

講演:定員なし

申込み

現地見学会のうち、物生山城をめぐる健脚コースのみ、事前申し込みが必要です。下記の問い合わせ先の電話、ファックス、メールにて受け付けます。

定員は25人で先着順で受け付けます。

関連画像
第14回鎌刃城まつりチラシ
費用
  • 参加費:500円
  • 「物生山城コース」は参加費:1,000円
    (注意)現地見学のみ、講演のみ参加の場合でも参加費は500円となります。
主催・協賛・後援

主催:米原市教育委員会・番場の歴史を知り明日を考える会

協賛:番場史跡顕彰会

後援:西番場自治会・東番場自治会

問い合わせ先

山東庁舎 教育委員会事務局(教育部) 歴史文化財保護課

電話:0749-55-4552
ファックス:0749-55-4040

メールフォームによるお問合せ

この記事に関するお問合せ先

山東庁舎 教育委員会事務局(教育部) 歴史文化財保護課

電話:0749-55-4552
ファックス:0749-55-4040

メールフォームによるお問合せ