国民健康保険特定健康診査・各種がん検診等の受診料免除について

更新日:2018年05月30日

次の対象者に該当する人は、申請により市が実施する国民健康保険特定健康診査および各種がん検診等の受診料が免除されます。

国民健康保険特定健康診査

対象者

  • 市民税非課税世帯に属する人で、年度内に70歳から74歳に達する人
  • 市民税非課税世帯に属する人で、母子家庭または父子家庭の人
  • 市民税非課税世帯に属する人で、身体障害者手帳または精神障害者保健福祉手帳をお持ちの人
  • 年度内に75歳に到達する人(申請の必要はありません。)

申請方法

特定健康診査を受診される10日前までに「特定健康診査受診料免除申請書」と送付された受診券を提出してください。

申請場所

  • 健康づくり課(山東庁舎)
  • 各市民自治センター(米原、近江、伊吹庁舎)
  • 各行政サービスセンター(息郷、醒井、柏原、吉槻)

申請時の持ち物

  • 受診券(ピンク色)(5月下旬にオレンジ色の封筒で郵送しています。)
  • 健康保険証
  • 印鑑
  • 特定健康診査受診料免除申請書(申請場所に準備しています。また、このページからダウンロードしてご利用いただけます。)

決定通知

提出していただいた申請書を審査の上、「特定健康診査受診料免除決定通知書」(対象とならない場合は「特定健康診査受診料免除却下通知書」)と提出していただいた受診券を送付します。

受診時の注意事項

集団健康診査を受診される場合

送付される「特定健康診査受診料免除決定通知書と受診券」を、受診時に受付へご提出ください。

医療機関で受診される場合

免除決定後に送付される「受診券」を、医療機関窓口へご提出ください。

各種がん検診等

対象者

  • 生活保護受給者の人(医療機関で受診される場合は市に申し出が必要です。)
  • 市民税非課税世帯に属する人で、年度内に70歳から74歳に達する人
  • 市民税非課税世帯に属する人で、母子家庭または父子家庭の人
  • 市民税非課税世帯に属する人で、身体障害者手帳または精神障害者保健福祉手帳をお持ちの人
  • 年度内に75歳に到達する人(申請の必要はありません。)
  • 後期高齢者の人(申請の必要はありません。)

対象となる検診

胃がん検診、大腸がん検診、肺がん検診、乳がん検診、子宮頸がん検診、骨粗しょう症検診、肝炎ウィルス検診、一般健康診査(39歳以下健康診査、生活保護受給者健康診査)

申請方法

検診を受診される10日前までに「健康診査等受診料免除申請書」と送付された受診券を提出してください。

申請場所

  • 健康づくり課(山東庁舎)
  • 各市民自治センター(米原、近江、伊吹庁舎)
  • 各行政サービスセンター(息郷、醒井、柏原、吉槻)

申請時の持ち物

  • 受診券(水色)(5月下旬にオレンジ色の封筒で郵送しています。)
  • 印鑑
  • 健康診査等受診料免除申請書(申請場所に準備しています。また、このページからダウンロードしてご利用いただけます。)

決定通知

提出していただいた申請書を審査の上、「健康診査等受診料免除決定通知書」または、「自己負担金無料券(医療機関用)」(対象とならない場合は「健康診査等受診料免除却下通知書」)と提出していただいた受診券を送付します。

がん検診等を受診するときの注意事項

集団健康診査を受診される場合

送付される「健康診査等受診料免除決定通知書と受診券」を、受診時に受付へご提示ください。

大腸がん検診を医療機関で受診される場合

送付される「自己負担金無料券(医療機関用)」を、受診時に医療機関窓口へご提出ください。

子宮頸がん検診を医療機関で受診される場合

送付される「自己負担金無料券(医療機関用)」を、受診時に医療機関窓口へご提出ください。

乳がん検診を医療機関で受診される場合

送付される「自己負担無料券(医療機関用)」を、受診時に医療機関窓口へご提出ください。

注意事項

転入等で課税状況が確認出来ない場合は、前住所地で非課税証明書(世帯員全員)が必要なことがあります。

申請書

この記事に関するお問合せ先

山東庁舎 健康福祉部 健康づくり課

電話:0749-55-8105
ファックス:0749-55-2406

メールフォームによるお問合せ