電源立地地域対策交付金事業

更新日:2018年08月07日

電源立地地域対策交付金事業とは

 電源立地地域対策交付金は、発電用施設の立地地域・周辺地域で行われる公共用施設整備や、住民福祉の向上に資する事業に対して、発電用施設の設置に係る地元の理解促進等を図ることを目的として交付される交付金です。

 市内の発電用施設は、伊吹発電所と小泉発電所(いずれも水力発電)です。

電源立地地域対策交付金事業

 次の事業に交付金を活用しました。

電源立地地域対策交付金活用事業
年度 事業名 事業費 交付金額
平成29年度 藤子川大橋耐震化事業検討業務事業 4,852,440円 4,400,000円
平成28年度 市道藤川相撲庭線舗装補修工事事業 8,594,640円 4,400,000円
平成27年度 市道藤川相撲庭線舗装補修工事事業 9,455,400円 4,400,000円

電源立地地域対策交付金評価報告書

関連サイト

 交付金の詳しい内容や、他の自治体の活用事業などは資源エネルギー庁のページをご覧ください。

この記事に関するお問合せ先

米原庁舎 総務部 財政契約課(財政担当)

電話:0749-52-1553
ファックス:0749-52-4447

メールフォームによるお問合せ