令和元年度紙おむつ類専用ごみ指定袋の交付について

更新日:2019年09月09日

 平成20年10月1日から開始された「ごみ指定袋の有料化」は、皆さんに分別の徹底をお願いし、少しでもごみを減らすことを目的のひとつとしています。しかし、乳幼児や介護等で常時紙おむつ類を使用されるご家庭にとっては、ごみの減量が難しく、その分ごみ袋の費用が多くかかります。

 そのため、在宅で常時紙おむつ類を必要とされる3歳以下の乳幼児や介護等が必要な方に対して「紙おむつ類専用ごみ指定袋」を交付します。 (申請に基づき無料で交付します)

交付対象者

 米原市に住所を有し、在宅で常時紙おむつ類を必要とする次の方を対象とします。

  1. 原則3歳以下の乳幼児
    令和元年(2019年)度に対象となる3歳以下の乳幼児とは、平成28年(2016年)4月1日から令和2年(2020年)3月31日までに生まれた方。
  2. 介護等が必要な方

注意事項

  • 里帰り出産の方は対象となりませんので、予めご了承ください。

交付枚数

  • 対象者1人あたり、年度間通して50枚を限度として交付します。
  • 年度間(毎年4月1日から翌3月31日までの間)で1回限りの交付になります。

申請期間

  • 平成31年(2019年)4月1日(月曜日)から令和2年(2020年)3月31日(火曜日)の平日午前8時30分から午後5時15分まで

受付窓口

  • 米原市役所各庁舎の窓口(市民自治センター)
  • 各行政サービスセンター
  • 伊吹庁舎 環境保全課

申請方法

 窓口でお渡ししています指定の申請書に必要事項(使用者の氏名、生年月日、申請者との続柄、申請理由)を記入のうえ、受付窓口に提出してください。

  • 本人またはご家族の方、交付対象者から委任を受けた方が申請できます。
  • 申請書の確認と同時に、袋を無料でお渡しします。

「紙おむつ類専用ごみ指定袋」で排出できるもの

  1. 紙おむつ
  2. 尿取りパッド
  3. 使用した少量のティッシュ

注意事項

  • 汚物は必ず取り除いてください。
  • 新聞紙など中身が見えないもので紙おむつを包んだり、上記以外のごみが混在している場合は収集できません。
  • におい防止のために紙おむつを包む場合は、透明な小袋で包んでください。
  • 可燃ごみの収集日に集積所に出してください。(可燃ごみ指定袋でも出せます。)
  • 病院・福祉施設などからの排出には使用できません。

関連ページ

この記事に関するお問合せ先

伊吹庁舎 経済環境部 環境保全課

電話:0749-58-2230
ファックス:0749-58-1630

メールフォームによるお問合せ