ごみ指定袋について(可燃・不燃ごみ袋の種類)

更新日:2017年11月30日

単純重量制度 について

 この制度は、ごみ指定袋を1枚目から有料とし、ごみの量に応じて費用負担がかかる仕組みです。皆さんに分別の徹底に取り組んでいただくことが、ごみの減量、資源化物の増加につながり、結果として3R(リデュース・リユース・リサイクル)の推進、ごみ処理経費の削減につながると考えています。

  • 各ご家庭にお持ちの旧ごみ指定袋については、引き続きご使用していただけます。
  • 指定ごみ袋販売店は、次のリンク先に掲載しています。

ごみ袋の種類や大きさ・価格について

可燃ごみ指定袋(小袋)

  • 大きさ 20リットル
  • 販売枚数 10枚単位
  • 販売価格 200円

可燃ごみ指定袋(中袋)

  • 大きさ 30リットル
  • 販売枚数 10枚単位
  • 販売価格 300円

可燃ごみ指定袋(大袋)

  • 大きさ 45リットル
  • 販売枚数 10枚単位
  • 販売価格 450円

不燃ごみ指定袋(中袋)

  • 大きさ 30リットル
  • 販売枚数 10枚単位
  • 販売価格 300円

不燃ごみ指定袋(大袋)

  • 大きさ 45リットル
  • 販売枚数 10枚単位
  • 販売価格 450円
可燃ごみ指定袋20リットル、30リットル、45リットル、不燃ごみ指定袋30リットル、45リットルの写真
この記事に関するお問合せ先

伊吹庁舎 経済環境部 環境保全課

電話:0749-58-2230
ファックス:0749-58-1630

メールフォームによるお問合せ