在宅重度障害者住宅改造費助成事業

更新日:2017年11月30日

在宅重度障害者住宅改造費助成事業とは

 在宅重度障がい者の方の日常生活を容易にするため、既存住宅の浴室やトイレ等を特別に障がい者向けに改造する場合、その経費の一部を助成します。

対象者

  1. 視覚障がいまたは肢体不自由障がい者で、身体障害者手帳1、2級をお持ちの方。
  2. 療育手帳Aをお持ちの方。所得制限があります。

助成額

 対象経費の1/2以内(限度額466,000円)<平成23年4月から現在>

対象経費

 対象経費の上限は、932,000円です。ただし、介護保険による助成を受けた場合や日常生活用具の給付を受けた場合は、その金額を対象経費から差し引きます。

  • 改造前に必ずご相談ください。
  • 新築・増改築は対象になりません。
  • 介護保険制度・日常生活用具給付等事業による住宅改修が優先します。

申請窓口

社会福祉課、各庁舎窓口

PDFファイル等によるご案内

この記事に関するお問合せ先

山東庁舎 健康福祉部 社会福祉課

電話:0749-55-8102
ファックス:0749-55-8130

メールフォームによるお問合せ