生活困窮者自立支援事業

更新日:2023年02月01日

「経済的に生活が苦しい」「住む所を失うかもしれない」「仕事がなかなか見つからない」等、まずは、相談窓口にご相談ください。
住み慣れた地域で安心して、自立した生活が送れるよう、一人ひとりの状況に合わせた支援プランを作成し、自立に向けた支援を行います。

自立相談支援

生活の困りごとや不安を抱えておられる方の相談をお受けします。さまざまな機関や制度の利用、解決、自立に向けての支援を行います。
一人で悩まず、まずはご相談ください。ご家族など周りの方からの相談も受け付けます。
相談窓口
米原市役所くらし支援部福祉政策課基幹包括支援センター(本庁舎1階 福祉の総合相談窓口)
住所 米原1016番地
電話 0749-53-5120
ファックス 0749-53-5119
具体的な支援の内容は次の4つです。

就労準備支援

「就職しても長続きしない」、「他人とのコミュニケーションがうまくとれない」、「就職を支援してほしい」などすぐに就労が難しい方に、一般就労に向けた基礎能力を養いながら、就労機会の提供や就労に向けた支援を行います。

住居確保給付金

離職などによって住居を失った方、または住居を失うおそれがある方が、安定して求職活動ができるよう、一定期間、家賃相当額を支給します。
(注)収入や資産等に関する要件を満たしている方が対象になります。世帯の人数によって支給額に上限があります。

家計相談支援

家計管理に不安を抱える方と一緒に家計を見直し、家計表の作成等を通じて家計の改善を図るための相談や支援を行います。

子どもの生活・学習支援

子どもの基本的な生活習慣の習得支援を行います。学習習慣の習得が難しい場合は一緒に学習する機会を提供します。

この記事に関するお問合せ先

本庁舎 くらし支援部 社会福祉課

電話:0749-53-5126
ファックス:0749-53-5119

メールフォームによるお問合せ