鍋釜祭(鍋冠り祭)

更新日:2017年11月30日

市指定文化財の鍋釜祭の写真

所在地

滋賀県米原市朝妻筑摩

説明

『伊勢物語』に詠まれた筑摩神社の春の祭礼は、毎年5月3日におこなわれる。祭礼の渡御は筑摩、上多良、中多良、下多良の4カ字の氏子が参加し、なかでも鍋冠りは7、8才の少女8人が一閑張りの鍋や釜を冠り、緑の狩衣に緋の袴をつけた雅やかな姿で湖北に春をつげる。

この記事に関するお問合せ先

山東庁舎 教育委員会事務局(教育部) 歴史文化財保護課

電話:0749-55-4552
ファックス:0749-55-4040

メールフォームによるお問合せ