内行花文鏡

更新日:2017年11月30日

市指定文化財の内行花文鏡の写真

説明

明治16年から17年(1883年から1884年)頃に、河南の石淵山一帯に分布する石淵山古墳群で石灰岩の採土中偶然発見された。内行花文鏡と呼ばれるもので、鏡面中央の紐座の周囲に点線文と太線文帯を巡らせ、内区は八花の内行花文で囲み、その間に素乳を8個配し、直角様の放射直線よりなる櫛歯文を配す。

この記事に関するお問合せ先

山東庁舎 教育委員会事務局(教育部) 歴史文化財保護課

電話:0749-55-4552
ファックス:0749-55-4040

メールフォームによるお問合せ