薬師如来懸仏

更新日:2017年11月30日

市指定文化財の薬師如来懸仏の写真

説明

御神体少彦名命の本地仏である薬師如来像を表わした3面の懸仏で、上に天蓋をつけた左右に花瓶、下辺に青海波文を表わし、周囲にも飾金具を多くつけた荘厳の誇張が目につくように、室町時代の懸仏の特色を備えている。裏板の墨書銘により制作時期が明らかなことから貴重である。

この記事に関するお問合せ先

本庁舎 教育委員会事務局(教育部) 生涯学習課(文化財保護)

電話:0749-53-5154
ファックス:0749-53-5129

メールフォームによるお問合せ