木造十一面観音立像

更新日:2017年11月30日

市指定文化財の木造十一面観音立像の写真

説明

像高180センチメートル。伊吹山七合目付近の平等岩で修行した遊行僧円空の晩年の大作である。背面に墨書があり、元禄2年(1689年)3月4日に木を切り、5日加持、6日に制作、7日に開眼と、造仏のスピードがわかる。桜材の一木に円空独特の彫りと微笑を生んでいる。円空は光明院にも不動明王立像を残している。

この記事に関するお問合せ先

山東庁舎 教育委員会事務局(教育部) 歴史文化財保護課

電話:0749-55-4552
ファックス:0749-55-4040

メールフォームによるお問合せ