奴振

更新日:2017年11月30日

福田寺の公家奴振りの様子を写した写真

所在地

滋賀県米原市長沢

説明

福田寺22世住職摂専の室は二条家のかねこ姫で、その入輿のとき随従してきた奴から、長沢の人たちが奴振を習いおぼえたと伝えられている。奴振には大名奴と公家奴とがあって、長沢の奴振は公家奴と呼よばれ、勇しい大名奴とくらべ、その動作は全体的にもの静かなところがある。

かねこ姫は機種依存文字が使用されているため、ひらがなに置換えて表記しています。

この記事に関するお問合せ先

山東庁舎 教育委員会事務局(教育部) 歴史文化財保護課

電話:0749-55-4552
ファックス:0749-55-4040

メールフォームによるお問合せ