流星

更新日:2017年11月30日

空に向けて炎と煙を出して打ちあがっている流星の写真

説明

古くから祭礼や祝いごとがあれば打ち上げられていた「流星」は、打ち上げ花火の一種で、関ヶ原合戦に敗れた石田三成方の落ち武者が、坂田郡内に土着しその製法を伝えたのが始まりとされる。明治末年頃より矢釣りと日傘をつけて打ち上げるようになり、日傘の数で3本から50本付と呼ばれる。

この記事に関するお問合せ先

山東庁舎 教育委員会事務局(教育部) 歴史文化財保護課

電話:0749-55-4552
ファックス:0749-55-4040

メールフォームによるお問合せ