福田寺御殿

更新日:2017年11月30日

県指定文化財の福田寺御殿の外観写真

所在地

滋賀県米原市長沢1049(福田寺)

説明

御殿は桁行16.269メートル、梁間12.075メートル、その南側に鞘の間をつけ、東には玄関巾2間が附属している。内部は、田の字型に8間に区切り、西端の2間は床を一段高くして上段の間となっている。この建物は、小谷城より移築した浅井長政寄進のものと伝えられ「浅井御殿」とよばれる。

この記事に関するお問合せ先

山東庁舎 教育委員会事務局(教育部) 歴史文化財保護課

電話:0749-55-4552
ファックス:0749-55-4040

メールフォームによるお問合せ