了徳寺のオハツキイチョウ

更新日:2017年11月30日

黄色く色づいている了徳寺のオハツキイチョウの写真

所在地

米原市醒井350(了徳寺)

説明

境内に周囲4メートル、樹高20メートル、樹齢165年と推定されるイチョウの雌株の大木があり、毎年ほとんどは正常な銀杏をつけるが、一部は葉面上に生ずるので、オハツキイチョウと呼ばれる。イチョウは雌雄異株であり、オハツキには雄株で葉辺に葯をつけるものと、雌株で葉面上や葉縁に種子をつけるものとがある。

この記事に関するお問合せ先

山東庁舎 教育委員会事務局(教育部) 歴史文化財保護課

電話:0749-55-4552
ファックス:0749-55-4040

メールフォームによるお問合せ