金銅雲形孔雀文磬

更新日:2017年11月30日

成菩提院所蔵の金銅雲形孔雀文磬の写真

所在地

滋賀県米原市柏原1692(成菩提院)

説明

横巾27.3センチメートル、縦10.7センチメートルで、左右対称の飛雲形の馨である。蓮華紋の撞座をはさんで、相対する孔雀を鋳出し、撞座の蓮華、孔雀文ともに大きく、重厚で力強い雲形の輪郭とよく調和している。作風から、鎌倉時代の作とされ、民安寺の銘が陰刻してある。

見学について

この記事に関するお問合せ先

山東庁舎 教育委員会事務局(教育部) 歴史文化財保護課

電話:0749-55-4552
ファックス:0749-55-4040

メールフォームによるお問合せ