京極氏遺跡-京極氏城館跡・弥高寺跡-

更新日:2017年11月30日

京極氏館跡の写真

所在地

滋賀県米原市上平寺・弥高・藤川

説明

15世紀末頃に、京極高清が北近江の政治の拠点としたのが京極氏館で、家臣屋敷や城下町を整備した。
上平寺城は、伊吹山頂から南側に伸びる尾根上(標高669メートル)にあり、堀切や土塁など山城の遺構が残る。
弥高寺跡(標高715メートル)は、平安時代創建の伊吹山護国寺が発展したもので、典型的な山寺跡である。

見学について

  • 上平寺城跡、弥高寺跡までは山道で徒歩約60分かかります。登山やトレッキングの装備で行かれることをお勧めします。
  • 5月から11月にかけてはヤマヒルが出ます。ヒル避けスプレーや厚めの靴下を準備してください。
  • クマの生息範囲になりますので、熊鈴やラジオ等を準備してください。
この記事に関するお問合せ先

山東庁舎 教育委員会事務局(教育部) 歴史文化財保護課

電話:0749-55-4552
ファックス:0749-55-4040

メールフォームによるお問合せ