令和4年度米原市歴史講座の案内

更新日:2022年05月20日

お知らせ

令和4年度の米原市歴史講座は、定員(60人)に達しましたので、受付を終了しました。

多数の方の御応募ありがとうございました。

米原市歴史講座とは

講座の目的:いつの時代も歴史の表舞台になった近江。その東の要が米原市。米原市歴史講座では、さまざまな話題を取り上げて「米原らしさ」に迫っていきます。

募集: 60人(先着順、定員になり次第締め切り)

受講料:年間 2,000円(現地研修には別途負担あり)

会場:米原市伊吹山文化資料館、米原市役所本庁舎コンベンションホール ほか

その他:シンポジウムについては改めてお知らせします。

主催:米原市教育委員会

注意:新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、日程・会場が変更となる場合があります。

令和4年度米原市歴史講座一覧
  開催月日 内容 講師 会場
1 5月27日
(金曜日)
午前10時から
「近江の戦国期庭園」
京極氏館跡庭園や高島市旧秀隣寺庭園を探る
市生涯学習課
石田 雄士
市役所
コンベンションホール
2 6月16日
(木曜日)
午前10時から
「聖徳太子の国・近江」
聖徳太子生誕1400年+1年
近江との関わりについて
歴史遺産開発機構
大沼 芳幸氏
伊吹山文化資料館
3 7月21日
(木曜日)
午前10時から
「北近江地名考」
米原市を中心に北近江三郡
の地名にひそむ歴史を探る
淡海歴史文化研究所
太田 浩司氏
伊吹山文化資料館
4 8月26日
(金曜日)
午前10時から
「米原市の産業遺産」
米原の発展を支えた鉄道・
鉱山・養蚕など
市生涯学習課
高橋 順之
伊吹山文化資料館
5 9月21日
(水曜日)
午後1時30分から
「近江の石造物」
滋賀県は石の文化財の宝庫
その特徴を学ぶ
滋賀県立大学
佐藤 亜聖氏
市役所
コンベンションホール
6 10月20日
(木曜日)
終日
現地研修
後鳥羽上皇伝説を訪ねて
生涯学習課員 市内(近江・山東)
(注)バス移動予定
7 11月25日
(金曜日)
午前10時から
「縄文土偶の秘密
―市指定文化財が語るもの」
筑摩佃遺跡出土土偶から
縄文人の祈りを探る
県 文化財保護協会
瀬口 眞司氏
伊吹山文化資料館
8 12月14日
(水曜日)
午前10時から
「伝教大師最澄の生涯と思想」
最澄没後1200年にその生涯と信仰を学ぶ
県 文化財保護課
井上 優氏
伊吹山文化資料館
9 2月22日
(水曜日)
午前10時から
「幕末・維新期の殖産興業の
きざしと挫折」
古文書から探る米原の人々の近代化の試み
市生涯学習課
小野 航
市役所
コンベンションホール
10 3月12日
(日曜日)
午後から

【シンポジウム】
文化財保存活用地域計画
米原の歴史・文化の特徴についての講演と検討

未定 市役所
コンベンションホール

 

R4rekishikouza

R4rekishikouza(PDFファイル:262.1KB)

お問合せ・申込み先

下記の生涯学習課(文化財保護)まで

この記事に関するお問合せ先

本庁舎 教育委員会事務局(教育部) 生涯学習課(文化財保護)

電話:0749-53-5154
ファックス:0749-53-5129

メールフォームによるお問合せ