処理場などへのごみの直接持込

更新日:2018年01月16日

ごみを処理施設に直接持ち込むことはできますか。
また、引き受けられないごみはありますか。

回答

処理施設への直接持ち込み

 クリスタルプラザ、クリーンプラントともに、午前8時30分から正午までと午後1時から午後4時30分まで受付しています。

 なお、休業日は土曜日、日曜日、祝日、年末年始です。

原則、毎月第4日曜日は、施設開放していますので持ち込むことができます。変更がある場合は、市公式ウェブサイト等でお知らせします。

直接持ち込みのごみ処理手数料

 家庭系一般廃棄物は、10キログラムまでごとに40円で、事業系一般廃棄物は、10キログラムまでごとに130円です。

 ただし、指定袋に入れて持ち込む場合は、手数料はかかりません。

持ち込みできないごみ

 産業廃棄物、タイヤ、ホイール、バッテリー、農機具類、農薬、農林漁業用資材、舟艇、ワイヤー類、バイク、ピアノ、電気温水器、ボイラー、浴槽、便槽、耐火金庫、ガスボンベ、消火器、毒物、劇薬、油脂類、シンナー、塗料、危険物、石膏ボード、ポンプ類など粗大ごみ処理施設での破砕処理が困難なものは持ち込みできません。

ご不明な点などは、湖北広域行政事務センタークリーンプラント(0749-74-3377)もしくは市環境保全課(0749-58-2230)まで問い合わせください。
なお、収集も持ち込みもできない廃棄物の処理については、販売店などに問い合わせください。

この記事に関するお問合せ先

本庁舎 市民部 自治協働課(環境保全)

電話:0749-53-5112
ファックス:0749-53-5138

メールフォームによるお問合せ