民法改正による成年年齢引下げ後の成人式について

更新日:2020年08月03日

令和4年4月1日施行の改正民法により、令和4年(2022年)4月から成年年齢が20歳から18歳に引下げられますが、米原市の成人式については、令和4年度以降についてもこれまでどおり20歳を対象として実施します。

主な理由

  • 18歳を対象とした場合、進学や就職など、進路の決定時期と重なり、新成人および保護者への負担が大きいと考えられる。
  • 20歳を対象とすることで、参加者本人だけでなく家族も含めて落ち着いた環境で祝うことができ、家族・旧友・地域社会とのつながりをしっかりと確認することができる。

成年年齢引下げ後(令和4年4月以降)の成人式の概要

名称:米原市二十歳(はたち)のつどい

対象年齢:20歳

(令和4年度の対象者は、平成14年4月2日から平成15年4月1日までに生まれた人となります。)

開催時期:1月(成人の日を含む3連休)

なお、式典内容や開催場所、実施方法などについては、実行委員会で具体的に検討します。

この記事に関するお問合せ先

教育委員会事務局(教育部) 生涯学習課

電話:0749-55-8106
ファックス:0749-55-4556

メールフォームによるお問合せ