県内でのダニ媒介感染症の発生について

更新日:2019年10月09日

2019年9月、滋賀県内でマダニ媒介感染症である「日本紅斑熱」が発生し、死亡例も報告されました。
この疾病は、病原体を保有するマダニに刺咬されることで感染します。
マダニは、全国的に春から秋の長い間、草むらややぶなどにも生息しています。予防のワクチンはなく、マダニの刺咬を防ぐことが極めて重要です。
刺されない対策と刺された際には、早急に医療機関を受診してください。

日本紅斑熱について

日本紅斑熱は、「日本紅斑熱リケッチア」を保有するマダニに刺されることで引き起こされる病気です。

「リケッチア」とは、細胞外では増殖できない偏性細胞内寄生細菌です。リケッチアを保有し媒介するマダ二は広くわが国に生息しており、発生地域が主に太平洋側の温暖な地域に限局しています。
発生時期をみると全国的に春〜秋の長い間注意が必要です。

症状

潜伏期間は、刺されてから2日~8日です。

症状は、頭痛、発熱、倦怠感を伴います。
「発熱」「発疹(四肢末端部に比較的強く出現)」および「刺し口」が主要な徴候であり、ほとんどの症例にみられます。

予防方法

予防のワクチンはなく、マダニの刺咬を防ぐことが極めて重要です。

発生時期には、草むら等に安易に立ち入らないこと、農作業や森林作業でやむを得ず立ち入る際には・・・

  1. 皮膚の露出を少なくしマダニの付着を防ぐ
  2. マダニ忌避剤を使用する 

マダニに刺されたら…

マダニに刺されたら、マダニを触るなどして、自分で取り除かず、そのまま皮膚科等医療機関を受診して、取り除いてもらうようにしてください。

詳しい情報(外部リンク)

この記事に関するお問合せ先

山東庁舎 健康福祉部 健康づくり課

電話:0749-55-8105
ファックス:0749-55-2406

メールフォームによるお問合せ