熱中症にご注意ください

更新日:2020年06月05日

令和2年度の熱中症予防行動の留意点について

新型コロナウイルスの出現に伴い、一人ひとりが感染防止対策を取り入れた生活様式を実践することが求められています。

今夏は、これまでとは異なる生活環境下で迎えることとなり、例年以上に熱中症にも気をつけなければなりません。十分な感染症予防を行いながら、熱中症予防にもこれまで以上に心掛けるようにしましょう。

「新しい生活様式」における熱中症予防行動のポイント

  • 夏期の気温・湿度が高い中でマスクを着用すると、熱中症のリスクが高くなるおそれがあります。このため、屋外で人と十分な距離(少なくとも2m以上)が確保できる場合には、熱中症のリスクを考慮し、マスクをはずすようにしましょう。

  • マスクを着用している場合には、強い負荷の作業や運動は避け、のどが渇いていなくてもこまめに水分補給を心掛けるようにしましょう。また、周囲の人との距離を十分にとれる場所で、適宜、マスクをはずして休憩することも必要です。

  • 新型コロナウイルス感染症を予防するためには、冷房時でも換気扇や窓開放によって換気を確保する必要があります。この場合、室内温度が高くなるので、熱中症予防のためにエアコンの温度設定をこまめに調整しましょう。

  • 日頃の体温測定、健康チェックは、新型コロナウイルス感染症だけでなく、熱中症を予防する上でも有効です。体調が悪いと感じた時は、無理せず自宅で静養するようにしましょう。

  • 3密(密集、密接、密閉)を避けつつも、熱中症になりやすい高齢者、子ども、障害者への目配り、声掛けをするようにしましょう。

  • 従来の熱中症予防行動を徹底しましょう。

熱中症リーフレット

従来の熱中症予防行動について

熱中症とは

熱中症は、高温多湿な環境に長くいることで、徐々に体内の水分や塩分のバランスが崩れ、体温調節機能がうまく働かなくなり、体内に熱がこもった状態を指します。
屋外だけでなく室内で何もしていないときでも発症し、救急搬送されたり、場合によっては死亡するこもあります。

熱中症の予防のポイント

  • こまめに水分・塩分を補給する。
  • 暑いときには無理をしない。
  • 日傘や帽子を活用する。
  • 涼しい服装をする。
  • こまめに休憩する。
  • 日陰を利用する。
  • 室内でも温湿度を測る。
  • 体調の悪いときは特に注意する。

作業のときなどの注意事項

  1. 体調が悪い日は作業を行わないようにする。
  2. 日陰を確保して一定時間ごとに必ず休憩を取る。
  3. できるだけ2人以上でお互いの体調を確認しながら作業を行う。

こんな症状は熱中症のサイン

軽症 :めまい、立ちくらみ、筋肉痛、汗が止まらない

中等症:頭痛、吐き気、体がだるい、虚脱感

重症 :意識がない、けいれん、高い体温である、呼びかけに対し返事がおかしい、まっすぐに歩けない、走れない

熱中症かな?と思ったときの対処法

  1. 意識がある、反応が正常なとき
    涼しい場所へ避難させる→衣服を脱がせ身体を冷やす→水分・塩分を補給する
  • 水を自力で飲めない、または症状が改善しない場合は直ちに救急車を要請
  1. 意識がない、反応がおかしいとき
    救急車を要請する→涼しい場所へ避難させる→衣服を脱がせ身体を冷やす→医療機関に搬送する

自力で水が飲めない、意識がない場合は、すぐに救急車を呼びましょう!

高齢者や子どもは、特に注意が必要です

  • 熱中症患者のおよそ半数は65歳以上の高齢者です。高齢者は暑さや水分不足に対する感覚機能が低下しており、暑さに対するからだの調整機能も低下しているので、注意が必要です。
  • 子どもは体温の調整能力がまだ十分に発達していないので、気を配る必要があります。
  • のどの渇きを感じていなくても、こまめに水分補給をしましょう。暑さを感じなくても室温や外気温を測定し、扇風機やエアコンを使って温度調整するよう心がけましょう。
  • 節電を意識するあまり、熱中症予防を忘れないようご注意ください→気温や湿度の高い日には、無理な節電をせず、適度に扇風機やエアコンを使いましょう。

熱中症についての情報は下記へ

この記事に関するお問合せ先

山東庁舎 健康福祉部 健康づくり課

電話:0749-55-8105
ファックス:0749-55-2406

メールフォームによるお問合せ