熱中症にご注意ください

更新日:2022年07月07日

熱中症の正しい知識を身につけ、健康被害を防ぎましょう。

熱中症とは

熱中症とは、暑い環境で体温の調整ができなくなった状態で、めまいや吐き気、頭痛、失神等さまざまな症状をきたし、最悪の場合は死に至る疾患です。
誰でもなる可能性があり、運動中だけでなく、室内でも起こります。日頃からしっかり予防するようにしましょう。

熱中症が疑われる人を見かけたら

  1. 涼しい場所へ避難させる。
    エアコンが効いている室内や風通しのよい日陰など、涼しい場所へ避難させる。
  2. 衣服をゆるめ、からだを冷やす。
    氷のう等があれば、首、わきの下、太ももの付け根を集中的に冷やしましょう。
  3. 水分・塩分を補給する。
    大量に汗をかいている場合は、塩分の入ったスポーツドリンクや経口補水液、食塩水がよいでしょう。

水を自力で飲めない、意識がない場合は、すぐに救急車を呼びましょう

新しい生活様式における熱中症予防対策

熱中症予防とコロナ感染防止のリーフレット(表)
熱中症予防とコロナ感染防止のリーフレット(裏)

屋外ではマスク着用により、熱中症のリスクが高まります

  • 特に運動時には、忘れずにマスクをはずしましょう。
  • 屋外での散歩やランニング、通勤、通学等もマスクの着用は必要ありません。
  • 近距離(2メートル以内を目安)で会話をする場合は、マスクを着用しましょう。

屋内でもマスクが必要ない場合があります

  • 人との距離(2メートル以上を目安)が確保できて、会話をほとんど行わない場合は、マスクを着用する必要はありません。
  • マスクを着用する場合でも、屋内で熱中症のリスクが高い場合には、エアコンや扇風機、換気により、温度や湿度を調整して暑さを避け、こまめに水分補給をしましょう。

暑さを避けましょう

  • 涼しい服装、日傘や帽子を着用しましょう。
  • 少しでも体調が悪くなったら、涼しい場所へ移動。
  • 涼しい室内に入れなければ、外でも日陰へ。

のどが渇いていなくても、こまめに水分補給をしましょう

  • 1日あたり1.2リットル(コップ約6杯)を目安に。
    1時間ごとにコップ1杯、入浴前後や起床後もまず水分補給を。
  • 大量に汗をかいた時は塩分も忘れずに。

エアコン使用中もこまめに換気をしましょう(エアコンを止める必要はありません)

  • 一般的な家庭用エアコンは、室内の空気を循環させるだけで、換気は行っていません。
  • 窓とドアなど2か所を開ける。
  • 扇風機や換気扇を併用する。
  • 換気後は、エアコンの温度をこまめに再設定。

暑さに備えた体づくりと日頃から体調管理をしましょう

  • 暑さに備え、暑くなり始めの時期から無理のない範囲で適度に運動を。(「やや暑い環境」で「ややきつい」と感じる強度で毎日30分程度)
  • 運動時には水分補給も忘れずに。
  • 毎朝など、定時の体温測定と健康チェック。
  • 体調が悪い時は、無理せず自宅で静養。

知っておきたい熱中症に関する大切なこと

  • 熱中症警戒アラート発表時は、熱中症予防行動を徹底しましょう。運動は原則中止し、外出はなるべく避け、涼しい室内に移動してください。
  • 熱中症による死亡者は、65歳以上の高齢者が約9割で、うち80歳以上が約5割です。また、若い世代も注意が必要です。
  • 高齢者の熱中症は、半数以上が自宅で発生しています。高齢者は自宅を涼しく、若い世代は作業中、運動中に注意が必要です。
  • 高齢者、子ども、障がいをお持ちの方は、熱中症になりやすいので十分に注意しましょう。周囲の方からも積極的な声かけをお願いします。

作業のときなどの注意事項

  1. 体調が悪い日は作業を行わないようにする。
  2. 日陰を確保して一定時間ごとに必ず休憩を取る。
  3. できるだけ2人以上でお互いの体調を確認しながら作業を行う。

熱中症についての情報は下記へ

この記事に関するお問合せ先

本庁舎 くらし支援部 健康づくり課

電話:0749-53-5125
ファックス:0749-53-5128

メールフォームによるお問合せ