入院時の食事代(後期高齢者医療制度)

更新日:2018年04月01日

 入院の際は、次表のとおり食事代の自己負担があります。なお、住民税非課税世帯の区分2、区分1の場合は限度額適用・標準負担額減額認定証の提示が必要になります。

入院時食事代の標準負担額
所得区分 食事代(1食につき)
現役並み所得者、一般 460円
区分2(90日までの入院) 210円
区分2(過去12か月で90日を超える入院) 160円
区分1 100円

療養病床に入院時の食事代・居住費

 療養病床に入院する場合には、次表のとおり食事代と居住費の自己負担があります。

 なお、住民税非課税世帯の区分2、区分1の場合は限度額適用・標準負担額減額認定証の提示が必要になります。

療養病床入院時の食事代・居住費の標準負担額
所得区分 食事代(1食につき) 居住費(1日につき)
現役並み所得者、一般 460円
(注記)
370円
区分2 210円 370円
区分1 130円 370円
区分1(老齢福祉年金受給者) 100円 0円

(注記)一部医療機関では420円の場合もあります。

  • 入院医療の必要性の高い状態が継続する患者、および回復期リハビリテーション病棟に入院している患者については、上記の「入院時食事代の標準負担額」と同額を負担します。
この記事に関するお問合せ先

近江庁舎 市民部 保険課

電話:0749-52-6922
ファックス:0749-52-8730

メールフォームによるお問合せ