本庁舎のコンセプト・見どころをご案内します!

更新日:2021年05月28日

米原市役所本庁舎は令和3年3月に完成し、令和3年5月6日から業務を開始しました。
米原に住む人や訪れる人が集い、世代を超えて交流し、ともにつながることで、新たな広がりが創造できる交流拠点を目指していきます。

5つのコンセプト

交流エリア(3階市民活動スペース)の画像

1 未来につながる、豊かな市民力を活かす開かれた庁舎
市民・地域・企業が集い、つながり合える「交流エリア」を設けています。米原駅前という立地を活かして新たな人の流れや賑わいを創出します。

木材を利用したデザイン性耐震構法

2 市民の安全、安心な暮らしを支える庁舎
最高水準の耐震安全性能となっており、非常用発電設備や非常用排水槽なども備え、災害時にも市役所業務を継続し、市民の安心な暮らしを守ります。(写真は木材を利用したデザイン性耐震構法です)

市役所窓口の色別の案内表示

3 誰もが使いやすく、人にやさしい快適な庁舎
分かりやすい空間づくりとユニバーサルデザインを徹底し、すべての人が利用しやすい庁舎を目指しました。

さまざまなオフィスレイアウトが可能な執務室

4 未来にわたり親しまれ、効率的で人や社会と共に成長する庁舎
さまざまなオフィスレイアウトが可能な配置としているほか、コンパクトな庁舎とすることで施設の維持費削減につなげます。

木材を随所に利用した議場

5 まいばらの自然環境の創造、保全を推進する庁舎
ひさしによる日射制御や、米原市産の木材を利用し、自然環境を活かしたぬくもりのある空間を創っています。また、環境に配慮し、LED照明や太陽光発電システムも設置しています。

安心、使いやすさへのこだわり

障がいのある人や子育て中の人などすべての人にとって、使いやすい設備を取り入れました。

多機能トイレ

効き手に合わせてご利用いただけます。また、階ごとにさまざまな設備を取り入れています。
また、各階のトイレ(男子・女子とも)は乳幼児対応(ベビーキープ設置)です。

右利き用多機能トイレ

右利き用多機能トイレ

左利き用多機能トイレ

左利き用多機能トイレ

各階の設備内容
5階 右利き用 オストメイト対応
4階 左利き用 ユニバーサルシート(大型ベッド)
3階 右利き用 オストメイト対応
2階 左利き用 フィッティングボード、ベビーシート
1階(北側) 右利き用 ユニバーサルシート(大型ベッド)
1階(南側) 左利き用 オストメイト対応

ベビールーム・キッズスペース

1階と2階にはおむつ交換台とベッドを備えたベビールームを配置しています。
また、1~3階にはキッズスペースも配置しています。

1階と2階に配置するベビールーム

ベビールーム
1階と2階に配置。
おむつ交換台とベッドを備えています。

1階から3階に配置するキッズスペース

キッズスペース
1階から3階に配置。
 

デジタルサイネージ

エレベーター前に配置されたデジタルサイネージ(電子看板)

全階にデジタルサイネージ(電子看板)を設置し、視覚的に分かりやすく情報を発信します。

傍聴席も使いやすく

5階の議場・傍聴席のスロープ

車いすを利用する方々からいただいたご意見を反映して、傍聴席や議場内部にはスロープを設置しています。
また、議場内部には磁器誘導ループ(補聴器の音を聞き取りやすくする機能)も設置しています。

みんなが遊べる屋上広場

4階の屋上広場

人工芝を敷き詰め、障がいのある子どもも遊べるインクルーシブ遊具やバリアフリー対応テーブル(注)を設置しています。
(注)ベンチとテーブルが一体化し、テーブルの脚が内側に入り込んだデザインで、車いすやベビーカーを利用する場合も十分に寄せることができるタイプのテーブルです。

関連ページ

本庁舎の概要・アクセス方法

交流エリアの利用・予約方法など

庁舎開庁までの記録

この記事に関するお問合せ先

本庁舎 政策推進部 政策推進課

電話:0749-53-5162
ファックス:0749-53-5148

メールフォームによるお問合せ