産業別就業人口の推移

更新日:2019年03月01日

産業別就業人口の推移の詳細
調査年 第1次産業 第2次産業 第3次産業 分類不能の産業
昭和50年 5,442人 7,187人 8,119人 28人
昭和55年 4,065人 7,533人 8,915人 8人
昭和60年 2,973人 7,798人 9,208人 28人
平成2年 2,153人 8,357人 9,344人 33人
平成7年 2,069人 8,295人 10,190人 41人
平成12年 1,130人 7,797人 10,794人 240人
平成17年 1,199人 7,295人 11,415人 250人
平成22年 734人 6,591人 10,956人 893人
平成27年 649人 6,681人 11,289人 503人

昭和50年以降の米原市の産業別就業人口の推移です。

第1次産業には農業、林業、漁業が含まれます。

第2次産業には鉱業、建設業、製造業が含まれます。

第3次産業には卸売・小売・飲食業、金融・保険業、不動産業、運輸・通信業、電気・ガス・熱供給・水道業、サービス業、公務が含まれます。

国勢調査(調査基準日10月1日、5年に1回実施)による。

この記事に関するお問合せ先

本庁舎 政策推進部 情報政策課(広報)

電話:0749-53-5163
ファックス:0749-53-5149

メールフォームによるお問合せ