新型コロナウイルス感染症について

更新日:2021年03月05日

市民の皆さまへ

新型コロナウイルス感染対策には、風邪や季節性インフルエンザ対策と同様にお一人お一人の咳エチケットや手洗いなどの実施がとても重要です。市民の皆さまには、「密閉、密集、密接」した環境を避けるとともに、引き続き感染症対策に努めていただくようお願いします。

感染拡大のおそれがある事例に関するご連絡のお願い

県内の店舗において、新型コロナウイルス感染症への感染者が確認され、不特定の方への感染拡大のおそれがありますので、次のリンクから掲載情報をご確認いただき、条件に該当する方は、速やかに受診・相談センターまで連絡してください。

受診・相談センター連絡先

電話番号:077-528-3621(毎日・24時間)

ファックス番号:077-528-4865

Eメール:coronasoudan@shigaken.net

家庭で気を付けていただきたい4つのポイント

家庭で気を付けていただきたい4つのポイント

これまでの県内の感染事例などを分析すると、家庭内での感染が多くみられます。

滋賀県では「家庭で気を付けていただきたい4つのポイント」がまとめられました。

これらのポイントにご注意いただき、まず、家庭にウイルスを持ち込まないようにするとともに、家庭内でも予防対策に気を付けましょう。

発熱など風邪のような症状があり、医療機関を受診する方へ

新型コロナウイルス感染症の初期症状は、風邪などの他の疾病と見分けにくいことから、感染拡大を防ぐため、医療機関を受診される場合は、以下の点に留意いただきますようお願いします。

1.かかりつけ医など身近な医療機関に電話等でご相談ください

  • 発熱、のどの痛み、頭痛、下痢、体のだるさ、においや味がわかりにくい等の症状のある方は、まずは、かかりつけ医など身近な医療機関(診療所・クリニック)に、受診の前に電話等で連絡し、症状等を伝えてください。
  • 診療所等によっては、発熱患者を診ることができない場合がありますが、その場合は、他の医療機関を案内されることがあります。

2.診療所等が指定する方法で受診してください

  • 他の患者との接触を避けるため、来院時間や来院方法などを指定されることがあります。診療所等が指定する方法で受診してください。

3.手洗いとマスクの着用をお願いします

  • 受診前に手指の消毒またはせっけんを使った手洗いをすませて、マスクを着用して受診してください。

症状があって、相談先・受診先に迷う場合は「受診・相談センター」へ

受診・相談センター(旧帰国者・接触者相談センター)で、受診できる医療機関をご案内します。聴覚に障がいのある方など電話での相談が難しい場合はメールやファックスでお問い合わせください。

電話番号:077-528-3621(毎日・24時間)

ファックス番号:077-528-4865

Eメール:coronasoudan@shigaken.net

症状のない方は「一般電話相談窓口」へ

家庭、地域や職場での予防方法など受診以外のことについては、一般電話相談窓口にご相談ください。聴覚に障がいのある方など電話での相談が難しい場合はメールやファックスでお問い合わせください。

電話番号077-528-3637(毎日 午前8時30分~午後5時15分)

ファックス番号:077-528-4865

Eメールcorona-soudan@pref.shiga.lg.jp

この件に関する詳しい情報について

滋賀県ホームページ

厚生労働省ホームページ

首相官邸ホームページ

滋賀県国際協会ホームページ(外国語の情報)

この記事に関するお問合せ先

山東庁舎 くらし支援部 健康づくり課

電話:0749-55-8105
ファックス:0749-55-2406

メールフォームによるお問合せ