社会資本総合整備計画(下水道事業)について

更新日:2020年09月04日

社会資本整備総合交付金について

 地方公共団体が作成した社会資本総合整備計画に基づき、目標実現のための基幹的な社会資本整備事業のほか、関連する社会資本整備やソフト事業を総合的・一体的に支援することを目的として、平成22年度に創設されました。

 社会資本整備総合交付金制度に関する詳細については、以下のウェブサイトでご確認ください。

社会資本総合整備計画について

 地方公共団体が社会資本整備総合交付金により事業を実施しようとする場合には、社会資本総合整備計画を作成し、国土交通大臣に提出することとなっています。また、計画を作成したときは、公表することとなっています。

社会資本総合整備計画の公表について

 現在、米原市下水道事業では以下の社会資本総合整備計画を作成し、国土交通大臣に提出しています。

社会資本総合整備計画
計画の名称 計画期間 計画の目的
米原市における良好な水環境の形成、総合的な浸水対策の推進(防災・安全) 平成28年度から令和2年度(5年間) 米原市における快適なくらしと良好な水環境の提供を長期にわたって実現するための基盤整備を図る。
米原市の管路施設の防災・減災対策を実施し、地震や浸水等の災害に強い下水道の構築を図る。
米原市における良好な水環境の形成 平成29年度から令和3年度(5年間) 米原市における快適なくらしと良好な水環境の形成を図る。

社会資本総合整備計画の事後評価について

 以下の計画について、社会資本整備総合交付金の交付期間が終了したため、事後評価を行いましたので公表します。

事後評価を行った社会資本総合整備計画
計画の名称 計画期間 計画の目的
米原市における下水道未整備区域の汚水整備の推進および総合的な浸水対策 平成23年度から平成27年度(5年間) 米原市における快適なくらしと良好な水環境の形成を図る。
米原市における下水道による総合的な防災・安全対策の推進および将来安定的なライフライン構築のための基盤整備(防災・安全) 平成25年度から平成27年度(3年間) 米原市における快適なくらしと良好な水環境の提供を長期にわたって実現するための基盤整備を図る。
米原市の管路施設の防災・減災対策を実施し、地震に強い下水道の構築を図る。

社会資本総合整備計画・社会資本総合整備計画の事後評価書(再掲)

この記事に関するお問合せ先

近江庁舎 土木部 上下水道課

電話:0749-52-6923
ファックス:0749-52-4858

メールフォームによるお問合せ