スマートフォンから、らくらく納付 PayPay決済サービス

更新日:2020年12月01日

PayPay(ペイペイ)決済サービスとは、インターネット通信が可能なカメラ付スマートフォン(以下スマホ)や、タブレット端末(以下タブレット)にインストールした専用アプリケーション(以下アプリ)から納付書のバーコードを読み取り、事前にチャージしておいた残高からいつでも、どこでも即時納付ができるサービスです。令和2年12月18日からサービスを開始しています、ぜひ御利用ください。

(注)広報まいばら12月1日号等にて、令和2年12月1日からPayPay決済サービス利用開始と周知させていただきました。しかしながら、急遽不都合が発見され、利用開始が遅れましたことをお詫び申し上げます。

対象となる税および料金

市県民税(普通徴収)、固定資産税、軽自動車税(種別割)、国民健康保険税、介護保険料、後期高齢者医療保険料、保育料、水道料金(水道使用料、簡易水道使用料)、下水道使用料(公共下水道使用料、農業集落排水使用料)、住宅使用料、放課後児童クラブ保護者負担金

PayPayへのチャージ方法

銀行口座、ヤフーカード、ソフトバンク・ヤフーモバイルまとめて支払、現金(セブン銀行ATMの利用)

ヤフオク!・PayPayフリマの売り上げ

納付手続に必要なもの

  • 納付書(コンビニ納付用のバーコードが印刷されたもの)
  • スマホ、タブレット(インターネット通信が可能で、バーコードが読み込めるカメラ付のもの)
  • アプリ(PayPay アプリ)

アプリのダウンロード方法については、PayPay株式会社のPayPayサービスについてのホームページを御確認ください。

利用期間

納付書に記載された納期限まで

利用方法

  1. スマホやタブレットでアプリ(PayPayアプリ)をインストールします。
  2. アプリを起動させたら、電話番号とパスワードを登録します。
    (もし、「Yahoo!Japan ID」があれば、IDで登録からログインすることができます。)
  3. アプリのホーム画面の「銀行口座」をタップします。
  4. 該当する銀行口座を選択して、銀行ごとの手順に基づき口座を登録します。
  5. アプリのホーム画面の「チャージ」をタップすると、登録した銀行口座からアプリにチャージすることができます。
  6. アプリのホーム画面の「スキャン」をタップすると、カメラが起動しますので、納付書に印刷されているバーコードをスキャンします。
  7. 支払金額を確認し「支払う」をタップすると支払いが完了します。
    (注)銀行口座からのチャージ方法の他、ヤフーカード、ソフトバンク・ヤフーモバイルまとめて支払等のチャージ方法が利用可能です。詳しくはPayPay株式会社のPayPayサービスについてのホームページをご確認ください。

システム利用料

利用者の負担はありません。

注意事項

  • 領収証書は発行されません。必要な場合は他の納付方法で納付ください。
  • 納付確認に約2週間かかります。納税証明書等がお急ぎで必要な場合、他の納付方法で納付ください。
  • 納期限の過ぎた納付書や、納付書1枚につき金額が30万円を超えるものは利用できません。
  • 1日の残高支払い上限は50万円、1か月の支払い上限は200万円です。
  • 重複納付を防止するため、決済後の納付書は破棄してください。
  • パソコン、携帯電話(フィーチャーフォン)は利用できません。
  • チャージや支払い内容は、アプリ内の取引履歴にてご確認ください。
  • システム対応環境(OSバージョン)についてはPayPay株式会社のPayPayサービスについてのホームページを御確認ください。

関連ページ

この記事に関するお問合せ先

本庁舎 市民部 収納対策課

電話:0749-53-5116
ファックス:0749-53-5118

メールフォームによるお問合せ