セーフティネット保証制度1号について

更新日:2017年11月30日

セーフティネット保証制度1号の認定

セーフティネット保証制度1号は、民事再生手続開始の申立等を行った大型倒産事業者に対し、売掛金債権を有していることにより資金繰りに支障が出ている中小企業者を支援するための措置です。

認定の具体的な概要については、以下のページ等をご覧ください。

【中小企業庁】

[対象および指定事業者リストのページ]【中小企業庁】

タカタ株式会社の指定事業者追加について

平成29年6月26日にタカタ株式会社が民事再生法を申請したことにより、セーフティネット第1号指定事業者となっています。

対象中小企業者

以下のいずれかの要件を満たす中小企業者

ア)当該事業者に対して50万円以上売掛金債権等を有している中小企業者
イ)当該事業者に対し50万円未満の売掛金債権等しか有していないが、当該事業者との取引規模が20%以上である中小企業者

指定業種リスト

資料をPDFファイルでお届けします。(中小企業庁作成)

接続環境等によりダウンロードに時間がかかる場合があります。あらかじめファイルサイズをお確かめください。

セーフティネット保証1号指定業種

提出書類

  • 認定申請書:2部(会社の実印を押印すること)
  • 証明資料
  • ア)の場合:売上台帳(または請求書)もしくは受け取り手形(表裏)の写し
  • イ)の場合:当該機関の試算表と売上台帳(または仕入台帳)の写し

様式一覧

この記事に関するお問合せ先

伊吹庁舎 経済環境部 商工観光課

電話:0749-58-2227
ファックス:0749-58-1197

メールフォームによるお問合せ