中山間地域等直接支払制度の実施状況について

更新日:2018年06月29日

中山間地域等直接支払制度とは

 山間部(中山間地域)の農地は、水源かん養、洪水の防止、土壌の侵食や崩壊の防止など多面的機能によって、下流域の財産、豊かな暮らしが守られています。しかし、過疎化や高齢化が進む中で自然的・経済的・社会的条件の不利性から、担い手の減少、耕作放棄地の増加などによって、多面的機能が低下し、大きな経済的損失が生じることが心配されています。
 このため、農業生産の維持を図りながら、多面的機能を確保するという観点から、平成12年度よりこの制度が実施されています。

米原市の実施状況

 米原市は制度の見直しにより平成27年4月7日に滋賀県知事の同意を得て、『米原市農業に有する多面的機能の発揮の促進に関する計画』を制定し、それに基づき対象となる集落のうち、平成28年度の制度実施集落は13集落です。
 これらの集落では協定に基づき、共同取組活動として、水路・農道等の維持管理、多面的機能増進活動、耕作放棄地の防止活動などが行われ、目標達成に要する経費として交付金が交付されました。
 なお、この交付金の財源は、国が2分の1、県・市がそれぞれ4分の1を分担しています。

制度の概要

1.実施期間

平成27年度から平成31年度まで(第4期対策)

2.交付金の対象地域、対象農用地

旧山東町、旧伊吹町、旧米原町、旧近江町(息長地区)の農振農用地区域内にある農用地(田・畑)で、対象となる傾斜地にある1ヘクタール以上のまとまりのあるもの。
 集落単位で協定を締結する必要があります。

3.交付単価(10アールあたり)

通常単価 3,500円から21,000円(農用地の傾斜、田・畑で異なります)

4.対象行為

  • 耕作放棄を防止する活動
  • 農業用水路、農道等の管理活動
  • 多面的機能を増進する活動
平成29年度協定農用地の基準別の面積および交付額
集落名 急傾斜田
(平方メートル)
緩傾斜田
(平方メートル)
面積計
(平方メートル)
交付金額(円)
甲津原 208,620 11,084 219,704 5,238,052
曲谷 149,872 0 149,872 3,147,312
甲賀 70,796 4,688 75,484 1,702,102
吉槻 176,874 13,395 190,269 3,057,211
上板並 0 179,240 179,240 1,433,920
下板並 38,275 0 38,275 803,775
上野 248,229 47,236 295,465 5,590,697
弥高 34,970 0 34,970 734,370
大清水 83,954 202,221 286,175 3,380,802
上平寺 40,385 3,248 43,633 918,883
寺林 5,820 85,599 91,419 807,012
藤川 37,587 130,851 168,438 1,836,135
柏原 0 247,658 247,658 1,981,264
合計 1,095,382 925,220 2,020,602 30,631,535

今期における本制度の対象は田のみ。

この記事に関するお問合せ先

伊吹庁舎 経済環境部 農政課

電話:0749-58-2228
ファックス:0749-58-1719

メールフォームによるお問合せ