ポジティブリスト制とは?

更新日:2017年11月30日

ポジティブリスト制とは?

 今まで、農産物に残留する農薬については、食品衛生法において残留基準が設定され、この基準を超えたもののみ流通が禁止されており、残留基準が設定されていないものは規制の対象外でした。しかし平成18年5月29日より、残留基準の対象範囲が拡大され、これまで残留基準が設定されていない農薬の場合でも一定の基準を超えて検出されると、その農産物の流通が禁止されることになりました。

防除を行う時は以下のことに気をつけましょう!

  • 農薬の使用にあたっては、農薬の容器のラベルをよく読んで正しく使用しましょう。できるだけ飛散しにくい剤型を選択しましょう。散布機具の洗浄を徹底しましょう。農薬を散布した記録をつけましょう。
  • 農薬の散布にあたっては、近隣の農作物へ飛散しないように注意しましょう。風向きや風力に注意して散布しましょう。
  • 作物の作付にあたっては、ほ場周辺の作物栽培状況を確認し、相互からの飛散について十分に検討しましょう。

詳しくは、次のリンクをご覧ください。

この記事に関するお問合せ先

伊吹庁舎 経済環境部 農政課

電話:0749-58-2228
ファックス:0749-58-1719

メールフォームによるお問合せ