森林所有者届出制度について

更新日:2017年11月30日

森林の土地の所有者届出制度について

平成23年4月の森林法改正により、平成24年4月以降、森林の土地の所有者となった方は、市への事後届出が必要となりました。

届出対象者

売買契約、相続などにより、森林の土地を新たに取得した場合に、森林の土地の所有者届出が必要です。

届出期間

土地の所有者となった日から90日以内に、届出をしてください。

届出事項

届出書には、届出者と前所有者の住所氏名、所有者となった年月日、所有権移転の原因、土地の所在場所・面積、土地の用途等を記載します。

届出用紙は、下記にありますので、記入のうえ、次の書類を添付して提出してください。

  1. その森林の土地の位置を示す図面(任意の図面に大まかな位置を記入)
  2. その森林の土地の登記事項証明書(写し可)、または相続分割協議録など権利を取得したことがわかる書類

様式ダウンロード

この記事に関するお問合せ先

伊吹庁舎 経済環境部 林務課

電話:0749-58-2229
ファックス:0749-58-1630

メールフォームによるお問合せ