都市再生整備計画(春照地区)

更新日:2017年11月30日

都市再生整備計画(春照地区)について

春照地区の概要

春照地区は、米原市東北部に位置し、公共施設が集中する都市核として位置付けられている伊吹地域の中心的な地区です。滋賀県一の秀峰伊吹山の裾野に田園風景が広がり、清らかな水に恵まれ、絶滅危惧種のハリヨも生息するなど豊かな自然環境を有しています。江戸時代には、北国脇往還道の宿場として栄えた歴史を持ち、地区内には、文化史跡も多く、五年に一度太鼓踊りも奉納されます。

春照地区の課題

春照地区のまちづくりの課題として、宿場であったことから民家が密集しており、地区内には狭隘な道路も多く、日本海型気候と滋賀県一の高さを誇る伊吹山の影響による突発的な降雪により除雪もままならず、区民の日常生活や歩行者の安全な通行などが阻害されており、冬期間の安全な交通ネットワークの確保が課題となっています。また、少子高齢化の影響から、地区内の交流が薄れ、子どもの頃から豊かな自然・歴史文化に気づき・知り・大切にする機会が減少しつつあるため、郷土愛を育むための学習の機会が必要である。

事業の概要

事業は、春照地区の課題点である、冬期の交通ネットワークの確保、歴史・文化・自然といった地域資源を活かすことを目標に掲げ、「都市再生整備計画」を策定し、国土交通省「まちづくり交付金」の交付を受け、道路施設、消雪施設、公園施設の整備を始め、地区内の交流を深め、地域資源を活かす取り組みを進めます。

水上地区都市再生整備計画

この記事に関するお問合せ先

近江庁舎 土木部 都市計画課

電話:0749-52-6926
ファックス:0749-52-8790

メールフォームによるお問合せ