住宅地開発促進補助金

更新日:2019年04月01日

集落内の定住・転入促進のため、民間住宅地開発に補助金を交付します

米原市は、今後本格的な人口減少と超高齢化社会を迎える中、人口減少が著しい地域の集落内において、若者や子育て世代の定住・転入を促進するため、良質な住宅地の供給および快適な住環境の形成につながる民間住宅地開発に対する補助制度を、2019年4月から新たに設けます。

補助制度の概要

補助の対象者

  • 開発事業者(補助事業を行う者)


補助の対象事業

  • 米原東北部都市計画区域(非線引き区域)内または都市計画区域外の集落区域内において開発許可等を受けて実施される住宅地開発
  • 開発区域の面積が1,000平方メートル以上のもの
  • 関係自治会の同意を得て行われるもの


補助金の額

  • 宅地1区画(200平方メートル以上)当たり10万円(促進区域内は20万円)
  • 限度額は1事業につき100万円(促進区域内は200万円)


補助制度の期間

  • 2019年度から2021年度まで

PDFでのご案内

詳しくは、PDF資料をご覧ください。

様式

この記事に関するお問合せ先

近江庁舎 土木部 都市計画課

電話:0749-52-6926
ファックス:0749-52-8790

メールフォームによるお問合せ