○米原市赤ちゃん応援特別給付金交付要綱

令和2年7月1日

告示第234号

(趣旨)

第1条 この要綱は、新型コロナウイルス感染症緊急経済対策として国が実施した特別定額給付金事業の基準日(令和2年4月27日)の翌日以降に出生した子の健やかな成長と新たな日常に向けた市民生活を応援するため、予算の範囲内で米原市赤ちゃん応援特別給付金(以下「応援金」という。)を交付することについて、米原市補助金等交付規則(平成17年米原市規則第35号。以下「規則」という。)に定めるもののほか、必要な事項を定めるものとする。

(交付対象児)

第2条 応援金の交付の対象となる子(以下「交付対象児」という。)は、令和2年4月28日から令和3年4月1日までの間に出生し、本市の住民基本台帳に登録され住所を有するものとする。ただし、市長が必要と認めるものについては、この限りでない。

(受給権者)

第3条 当該交付対象児に係る応援金の交付を受ける者(以下「受給権者」という。)は、その交付対象児の保護者とする。

(応援金の額)

第4条 応援金の額は、交付対象児1人当たり10万円とする。

(交付申請)

第5条 応援金の交付を受けようとする者(以下「申請者」という。)は、第3条の受給権者とし、赤ちゃん応援特別給付金交付申請書兼請求書(様式第1号)に次に掲げる書類を添えて市長に提出しなければならない。

(1) 母子健康手帳の表紙および出生届出済証明の頁の写し

(2) 申請者名義の振込先口座の通帳の写し

(3) 前2号に掲げるもののほか、市長が必要と認める書類

2 応援金の交付申請の期間は、令和3年4月30日までとする。

3 申請者は、この要綱の告示の日において本市に住所を有し、第1項の交付申請をする日においても引き続き住所を有していなければならない。

(交付決定)

第6条 市長は、前条第1項の交付申請の内容を審査し、応援金を交付すべきものと認めたときは、交付の決定を行い、赤ちゃん応援特別給付金交付決定および額の確定通知書(様式第2号)により当該申請者に通知するものとする。

(交付手続の特例)

第7条 支援金の交付手続については、規則第22条の2の規定により、規則第8条の交付決定通知および規則第16条の額の確定通知を併合し、規則第15条の実績報告は省略するものとする。

(その他)

第8条 この要綱に定めるもののほか、必要な事項は、別に定める。

付 則

(施行期日)

1 この告示は、令和2年7月1日から施行し、令和2年4月28日以降に出生した者から適用する。

(有効期限)

2 この告示は、令和3年4月30日限り、その効力を失う。

画像

画像

米原市赤ちゃん応援特別給付金交付要綱

令和2年7月1日 告示第234号

(令和2年7月1日施行)