○米原市山村広場条例

平成17年2月14日

条例第121号

(設置)

第1条 米原市は、農林漁業者等のスポーツの振興と健康の増進を図るとともに、文化的な生活の向上に資するための施設として、次の施設を設置する。

名称

位置

大久保山村広場

米原市大久保705番地

(利用時間)

第2条 大久保山村広場(以下「広場」という。)の利用時間は、午前9時から午後5時までとする。ただし、市長が必要があると認めるときは、これを変更することができる。

(休場日)

第3条 広場の休場日は、12月29日から翌年の1月3日までの日とする。ただし、市長が必要があると認めるときは、これを変更し、または臨時に休場日を定めることができる。

(利用の許可)

第4条 広場を利用しようとする者は、市長の許可を受けなければならない。

(利用の不許可)

第5条 市長は、次の各号のいずれかに該当するときは、広場の利用を許可しないことができる。

(1) 公の秩序または善良の風俗を害するおそれがあると認めるとき。

(2) 広場の管理上支障があると認めるとき。

(3) 営利を目的とした利用であると認めるとき。

(4) 前3号に掲げる場合のほか、その利用を不適当と認めるとき。

(利用の許可の取消し等)

第6条 市長は、第4条の許可を受けた者が次の各号のいずれかに該当するときは、利用の許可を取り消し、または利用を制限することができる。

(1) 前条各号に掲げる事由が生じたとき。

(2) 偽りその他不正の手段により利用の許可を受けたとき。

(損害賠償の義務)

第7条 広場の施設、設備、備品等を損傷し、または滅失した者は、その損害を賠償しなければならない。ただし、市長がやむを得ない理由があると認めるときは、賠償額を減額し、または免除することができる。

(指定管理者による管理)

第8条 市長は、広場の管理運営上必要があると認めるときは、指定管理者(地方自治法(昭和22年法律第67号)第244条の2第3項および米原市公の施設に係る指定管理者の指定手続等に関する条例(平成17年米原市条例第56号)に規定する指定管理者をいう。以下同じ。)に広場の管理を行わせることができる。

2 前項の規定により指定管理者に広場の管理を行わせる場合の指定管理者が行う業務は、次に掲げる業務の全部または一部とする。

(1) 広場の施設および設備の維持管理に関すること。

(2) 広場の利用許可に関すること。

(3) その他管理上市長が必要と認める業務

3 第1項の規定により市長が指定管理者に管理を行わせる場合にあっては、第4条から第6条までに掲げる業務(以下「管理業務」という。)の規定の適用については、これらの規定中「市長」とあるのは「指定管理者」とする。

4 第1項の規定により市長が指定管理者に管理業務を行わせる場合は、第2条および第3条の規定によるほか、指定管理者は、必要と認めるときは、あらかじめ市長の承認を得て、第2条に規定する利用時間を変更し、または第3条に規定する休場日を変更し、もしくは臨時に休場日を定めることができる。

(指定管理者の管理の基準等)

第9条 指定管理者は、次に掲げる基準により管理業務を行わなければならない。

(1) 関係する法令、条例および規則を遵守し、適正に広場の運営を行うこと。

(2) 広場の施設および設備の維持管理を適正に行うこと。

(委任)

第10条 この条例の施行に関し必要な事項は、規則で定める。

付 則

この条例は、平成17年2月14日から施行する。

付 則(平成18年3月28日条例第26号)

1 この条例は、平成18年4月1日から施行する。ただし、次項の規定は、公布の日から施行する。

2 指定管理者に関し必要な手続その他の行為は、この条例の施行前においても、改正後の第8条および第9条の規定の例により行うことができる。

3 指定管理者に広場の管理に関する業務を行わせる場合においては、当該業務を行わせる日(この項において「業務開始日」という。)前に米原市山村広場条例(平成17年米原市条例第121号)の規定により市長がした承認その他の行為または市長に対してなされた申請その他の行為(業務開始日以後の使用に係るものに限る。)は、この条例の規定により指定管理者がした承認その他の行為または指定管理者に対してなされた申請その他の行為とみなす。

米原市山村広場条例

平成17年2月14日 条例第121号

(平成18年4月1日施行)