児童手当における寡婦(夫)控除のみなし適用について

更新日:2018年08月16日

平成30年6月分以降の児童手当の所得額の算定において、未婚のひとり親の方に対し寡婦(夫)控除のみなし適用を実施します。対象の方は、認定請求、現況届の提出の際に併せて申請をお願いします。

寡婦(夫)控除のみなし適用とは

税法上の寡婦(夫)が適用されない婚姻歴のないひとり親家庭に対し、寡婦(夫)控除があるものとして所得を計算し、支給額を決定するものです。

寡婦(夫)控除のみなし適用を行うには、申請が必要となります。

※税法上の寡婦(夫)控除が受けられる方は、対象とはなりません。

※所得の状況等によっては、支給額が変更にならない場合があります。

※このみなし適用によって、所得税や住民税等を見直すものではありません。

対象者

市内に住所を有し、以下の要件に該当する方です。

1 婚姻によらないで母または父になった者であって、現に婚姻をしていない者(届出をしていないが、事実上婚姻関係と同様の事情にある方は該当しません)

2 1の母で扶養親族または生計を同じくする子を有する者

3 1の父で、生計を同じくする子を有し、かつ前年の合計所得金額が500万円以下の者

4 生計を同じくする子が、前年の総所得金額等が38万円以下で、他の者の控除対象配偶者や扶養親族になっていない者

申請に必要なもの

  • 児童手当における寡婦(夫)控除のみなし適用申請書
  • 印鑑
  • 申請者の戸籍全部事項証明書
  • 申請者および子の属する世帯全員の住民票
  • 申請者の所得証明書(合計所得金額がわかるもの)
  • 生計を一にする子の所得証明書(総所得金額等がわかるもの)

※市において情報が確認できるものについては、添付書類を省略することができます。 

この記事に関するお問合せ先

山東庁舎 こども未来部 子育て支援課

電話:0749-55-8112
ファックス:0749-55-4040

メールフォームによるお問合せ