鉄道を利用した事業補助について

更新日:2018年04月05日

びわこ京阪奈線(仮称)鉄道建設期成同盟会鉄道利用促進事業費補助金

小学生の鉄道を利用した体験学習事業補助金

鉄道の利用促進を図るため、小学生の鉄道を利用した体験学習事業に係る経費について補助金を交付します。

対象団体

営利を目的としない各種団体(子ども会、PTA等)

補助対象経費

小学生が近江鉄道または信楽高原鐡道を利用して実施する体験学習に要する経費のうち、下記に掲げる経費とする。

小学生および引率者の鉄道運賃
ただし、引率者については、児童10人につき1人(10人に満たない場合は1人)とし、教員は除く。

補助金の額

鉄道運賃の2分の1を補助。
一人あたり上限500円。(ただし近江鉄道・信楽高原鐡道のみ利用の場合は一人あたり上限750円)

申請場所

下記申請書を近江庁舎防災危機管理課までご提出ください。

主催

びわこ京阪奈線(仮称)鉄道建設期成同盟会

鉄道を活かした湖北地域振興協議会鉄道利用促進事業費補助金

鉄道利用の旅補助事業

鉄道利用者の増加による鉄道ダイヤの充実を図るため、鉄道を利用し、琵琶湖を中心とした本県の自然や歴史などを学ぶ体験学習を支援します。

対象団体

米原市および長浜市内の学校、自治会等

補助対象となる経費

鉄道旅費(普通運賃を対象とし、特急料金、企画きっぷ代金は対象外とする。)

補助金の額

補助対象経費の2分の1を補助(一人あたり上限500円)

申込時期

随時(ただし、事業実施の概ね2週間前までに申請ください。)

その他

事業実施にあたっては、次の要件を満たすことが必要です。

  • 事業の内容に、滋賀県内の自然、地理、歴史、産業等について学ぶ社会見学等の実施を含むこと(農園見学等)。
  • 全行程の最初の出発駅と最後の到着駅が、長浜市・米原市内のJR駅であること(米原新幹線駅は不可)。

北陸本線等利用促進エコポイント補助事業

湖北地域の学校が「学校事業やクラブ活動等」に鉄道を利用した場合、長浜、米原市内のJR各駅での1人1乗車につき50ポイントを上限にエコポイントを付与し、ポイント相当額の補助を行います。

対象団体

米原市および長浜市区域内の学校(小学校、中学校、高等学校)

補助の対象となる経費

湖北地域管内の小学校、中学校、高等学校が、クラブ活動、校外学習等の学校活動のため、湖北地域管内の北陸本線・湖西線・東海道本線の各駅(坂田駅、田村駅、長浜駅、虎姫駅、河毛駅、高月駅、木ノ本駅、余呉駅、近江塩津駅、永原駅、米原駅、醒ヶ井駅、近江長岡駅、柏原駅)を、団体券扱いで乗車した場合の交通費。

ただし、鉄道を活かした湖北地域振興協議会が別途実施する「鉄道利用の旅補助事業」の対象は除く。

補助金の額

児童・生徒・引率者(教職員を除く。)一人1回の乗車につき50を上限として、会長が予算の範囲内で別途付与するエコポイント数に応じて補助し、1エコポイントにつき1円の補助金を交付する。

提出先

下記申請書を近江庁舎防災危機管理課までご提出ください。

(交付要綱、交付申請書様式、事業実績書様式、請求書様式)

(交付要綱、事業計画書様式、実績報告書様式、請求書様式)

主催

鉄道を活かした湖北地域振興協議会

関連資料(再掲)

交付要綱、交付申請書様式、事業実績書様式、請求書様式

交付要綱、事業計画書様式、実績報告書様式、請求書様式

この記事に関するお問合せ先

米原庁舎 地域振興部 米原近江地域協働課(米原市民自治センター 地域振興)

電話:0749-52-6623
ファックス:0749-52-4539

メールフォームによるお問合せ