米原市学校施設の耐震化の状況について

更新日:2019年02月18日

 学校施設は、児童・生徒等が一日の大半を過ごす活動の場であるとともに非常災害時には地域住民の避難場所としての役割を果たすことから、その安全性の確保は極めて重要です。

 米原市では、学校施設の耐震診断および耐力度調査を順次実施し、その結果に基づき、緊急性の高い建物から優先的に耐震化に取り組んでまいりました。

 ここでは、本市学校施設の耐震診断等の結果および改修状況についてお知らせし、本市のこれまでの取組みならびに学校施設の耐震化の重要性についてご理解いただくことを目的としています。

幼稚園施設および学校施設の耐震化の状況

耐震化状況集計
区分 校園数 全棟数 耐震性あり 耐震性なし 耐震化率
幼稚園 1 1 1 0 100.0%
小学校 9 36 36 0 100.0%
中学校 6 31 31 0 100.0%
16 68 68 0 100.0%
  • 平成30年4月1日現在
  • 耐震診断未実施は耐震性なしに算入
  • 休校中の学校は含みません

耐震化状況の詳細

各学校、園の耐震化状況は、下欄からダウンロードしてご覧ください。

PDFダウンロード

この記事に関するお問合せ先

山東庁舎 教育委員会事務局(教育部) 教育総務課

電話:0749-55-8107
ファックス:0749-55-4040

メールフォームによるお問合せ