国指定彫刻

更新日:2017年11月30日

木造薬師如来坐像

真広寺の木造薬師如来坐像の写真

時代

平安時代

指定年月日

明治34年3月27日

所在地

滋賀県米原市上多良309(真広寺)

説明

均整のとれた一木割矧造りの漆箔像で、左手に薬壷をのせ、結跏趺坐する。

温和な表情からは定朝様式の藤原仏を感じさせ、どっしりとした体躯からは貞観様式を感じさせ、平安時代末期の作とされる。霊仙寺の本尊が、天野川に流され上多良にたどりついたと伝えられる。

見学について

木造伝教大師坐像

観音寺所蔵の伝教大師坐像の写真

時代

鎌倉時代

指定年月日

昭和34年3月27日

所在地

滋賀県米原市朝日1342(観音寺)

説明

最澄の彫刻像としては最古の像で、一木造、像高66.1センチメートルである。頭を頭布ですっぽりつつみ、半眼、納衣に袈裟をかけ、法界定印を結んで端然と礼盤座にすわる。胎内に「貞応三年(1224年)大歳甲申十一月十八丁丑大師造始 大仏師長尾寺住大衆分造」の墨書銘がある。

この記事に関するお問合せ先

山東庁舎 教育委員会事務局(教育部) 歴史文化財保護課

電話:0749-55-4552
ファックス:0749-55-4040

メールフォームによるお問合せ