福田寺・公家奴振り

更新日:2017年11月30日

奴振り-公家奴振り:春

 一般に長沢御坊の名で親しまれている福田寺は、本願寺の連枝寺でもあり、京都とのつながりが深い名刹です。
江戸時代には、住持の摂専が従兄弟にあたる彦根藩主・井伊直弼(いいなおすけ)の計らいで、摂政関白右大臣二条斎敬(なりゆき)の妹かね子(明治天皇皇太后の従妹)を室に迎えています。同寺の公家奴振りは、この時、夫人に随従してきた供方が伝えたものといわれています。毎年、春と秋の2回に、当時のままに再現されており、紺のハッピに脚袢、ワラジ履の奴が「ヨーイヤセ、アレワイサノサ」の掛け声とともに練り歩く、風流な姿を見ることができます。京都の時代祭に登場する奴振りは、武家奴振りといわれるもので全国各地に残っていますが、公家奴振りはここだけでしか見られず、古式を伝える貴重な資料として、県の無形民俗文化財に選択されています。

ハッピ姿の人々が列をなして公家奴振り:春で練り歩く写真

開催地

熊野神社
滋賀県米原市長沢

アクセス

公共交通機関

JR北陸本線「田村駅」下車 徒歩10分

その他

JR北陸本線坂田駅下車、レンタサイクルで10分
JR琵琶湖線米原駅またはJR北陸本線長浜駅から湖国バス長沢御坊前下車、徒歩2分

お問い合せ

米原観光協会
電話番号:0749-58-2227
ファックス番号:0749-58-1197

奴振り―福田寺公家奴振り:秋

 一般に長沢御坊の名で親しまれている福田寺は、本願寺の連枝寺でもあり、京都とのつながりが深い名刹です。江戸時代には、住持の摂専が従兄弟にあたる彦根藩主・井伊直弼(いいなおすけ)の計らいで、摂政関白右大臣二条斎敬(なりゆき)の妹・かね子・(明治天皇皇太后の従妹)を室に迎えています。同寺の公家奴振りは、この時、夫人に随従してきた供方が伝えたものといわれています。毎年、春と秋の2回に、当時のままに再現されており、紺のハッピに脚袢、ワラジ履の奴が「ヨーイヤセ、アレワイサノサ」の掛け声とともに練り歩く、風流な姿を見ることができます。

ハッピ姿の人々が列をなして公家奴振り:秋で練り歩く写真

開催地

福田寺(長沢御坊)
滋賀県米原市長沢1049

アクセス

公共交通機関

JR北陸本線「田村駅」下車 徒歩10分

北陸自動車道米原インターチェンジから車で10分

その他

JR北陸本線坂田駅下車、レンタサイクルで10分
JR琵琶湖線米原駅またはJR北陸本線長浜駅から湖国バス長沢御坊前下車、徒歩2分

お問い合せ

米原観光協会
電話番号:0749-58-2227

この記事に関するお問合せ先

伊吹庁舎 経済環境部 商工観光課

電話:0749-58-2227
ファックス:0749-58-1197

メールフォームによるお問合せ