熱中症にご注意ください

更新日:2018年07月24日

連日、猛暑が続いています。熱中症に厳重な警戒が必要です。
高齢者や幼児は特に注意が必要です。日中の不要な外出を避け、ためらわず冷房を使い、こまめな水分補給をして、熱中症を予防しましょう。

熱中症とは

熱中症は、高温多湿な環境に長くいることで、徐々に体内の水分や塩分のバランスが崩れ、体温調節機能がうまく働かなくなり、体内に熱がこもった状態を指します。
屋外だけでなく室内で何もしていないときでも発症し、救急搬送されたり、場合によっては死亡するこもあります。

熱中症の予防のポイント

  • こまめに水分・塩分を補給する。
  • 暑いときには無理をしない。
  • 日傘や帽子を活用する。
  • 涼しい服装をする。
  • こまめに休憩する。
  • 日陰を利用する。
  • 室内でも温湿度を測る。
  • 体調の悪いときは特に注意する。

作業のときなどの注意事項

  1. 体調が悪い日は作業を行わないようにする。
  2. 日陰を確保して一定時間ごとに必ず休憩を取る。
  3. できるだけ2人以上でお互いの体調を確認しながら作業を行う。

こんな症状は熱中症のサイン

軽 症 :めまい、立ちくらみ、筋肉痛、汗が止まらない

中等症:頭痛、吐き気、体がだるい、虚脱感

重 症 :意識がない、けいれん、高い体温である、呼びかけに対し返事がおかしい、まっすぐに歩けない、走れない

熱中症かな?と思ったときの対処法

1.意識がある、反応が正常なとき

涼しい場所へ避難させる→衣服を脱がせ身体を冷やす→水分・塩分を補給する

※水を自力で飲めない、または症状が改善しない場合は直ちに救急車を要請

2.意識がない、反応がおかしいとき

救急車を要請する→涼しい場所へ避難させる→衣服を脱がせ身体を冷やす→医療機関に搬送する

自力で水が飲めない、意識がない場合は、すぐに救急車を呼びましょう!

高齢者や子どもは、特に注意が必要です

  • 熱中症患者のおよそ半数は65歳以上の高齢者です。高齢者は暑さや水分不足に対する感覚機能が低下しており、暑さに対するからだの調整機能も低下しているので、注意が必要です。
  • 子どもは体温の調整能力がまだ十分に発達していないので、気を配る必要があります。
  • のどの渇きを感じていなくても、こまめに水分補給をしましょう。暑さを感じなくても室温や外気温を測定し、扇風機やエアコンを使って温度調整するよう心がけましょう。
  • 節電を意識するあまり、熱中症予防を忘れないようご注意ください→気温や湿度の高い日には、無理な節電をせず、適度に扇風機やエアコンを使いましょう。

熱中症についての情報はこちらへ

この記事に関するお問合せ先

山東庁舎 健康福祉部 健康づくり課

電話:0749-55-8105
ファックス:0749-55-2406

メールフォームによるお問合せ