人権を考えるつどい米原2018(人権ミニフェスタ)

更新日:2018年11月08日

市民一人ひとりの人権の確立に向けて人権意識の高揚に努め、差別を許さない地域社会をめざし、交流と連帯を深める場として開催します。

テーマ

共に生きる地域社会

日時

平成30年11月25日(日曜日)
午後1時30分から午後3時40分まで(午後1時から受付開始)

会場

米原市米原公民館 (米原市下多良三丁目3番地)

内容

オープニング

ハンドベル(山東幼稚園ハンドベルサークル「ドルチェ」)

開会行事・作文発表

  • 主催者挨拶
  • 小中学生による人権作文発表

席上揮毫(せきじょうきごう)

金澤 翔子(かなざわ しょうこ)さん

記念講演

金澤 泰子(かなざわ やすこ)さん

演題

「~共に生きる~ 子育てから学んだこと」

講演概要

やっとの思いで授かったこども。しかし、出産50日目にしてダウン症であるという告知を受ける。絶望の淵に立ち、最悪の事態さえ想定したこともあった。壁に直面しながらも、書の道という希望の光を見つけ、共に生きてきた子育ての経験などを講演していただきます。

金澤 翔子 さんの紹介

金澤 翔子さん

1990年(5歳)に母の師事で書道を始め、2005年に銀座書廊で初個展を行う。その後、奈良東大寺や厳島神社などでも個展や揮毫を披露する。活躍の場は日本に留まらず、海外でも個展を開催している。

金澤 泰子さんの紹介

金澤 泰子さん

1977年に書家の柳田泰雲に師事。1985年に翔子さんを出産。その後、1990年から東京・大田区にて「久が原書道教室」を開設。現在は久が原書道教室主宰、東京藝術大学評議員、日本福祉大学客員教授などを務める。

その他

  • 入場は無料
  • 手話通訳、要約筆記あり
  • 託児あり(11月19日(月曜日)までに人権政策課へ申し込みください。)

関連事業のご案内

人権擁護委員による特設ブース

  • 人権相談コーナー(相談無料・予約不可)
  • ボッチャ体験コーナー(パラリンピック種目)
  • 世界人権宣言パネル展示

人権啓発パネル展を開催

  • 人権総合センター
     平成30年11月1日(木曜日)から平成30年11月7日(水曜日)まで
  • ルッチプラザ
    平成30年11月8日(木曜日)から平成30年11月15日(木曜日)まで
  • 米原公民館
    平成30年11月16日(金曜日)から平成30年11月25日(日曜日)まで
  • 和ふれあいセンター
    平成30年11月27日(火曜日)から平成30年12月4日(火曜日)まで
  • 息郷地域総合センター
    平成30年12月5日(水曜日)から平成30年12月12日(水曜日)まで
  • 平和堂米原店
    平成30年12月13日(木曜日)から平成30年12月20日(木曜日)まで

関連資料

この記事に関するお問合せ先

米原庁舎 総務部 人権政策課

電話:0749-52-6629
ファックス:0749-52-4539

メールフォームによるお問合せ

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。