産前産後期間の国民年金保険料免除制度

更新日:2019年02月01日

平成31年4月から産前産後期間の国民年金保険料が免除されます

平成31年4月1日に、産前産後期間の国民年金保険料免除制度が施行されます。

産前産後期間の免除が承認された月は、年金給付の算定において保険料納付済月として計算されます。免除を受けるには、届出が必要です。届出の受付開始は、平成31年4月1日(制度開始)からです。

免除期間

出産(予定)日の属する月の前月から4か月間(多胎の場合は、出産(予定)日の属する月の3か月前から6か月間)の国民年金保険料が免除されます。
(平成31年4月分以降の国民年金保険料が対象です。)

免除期間の例

産前産後免除期間の例

対象者

出産した方で、上記免除期間に国民年金(第1号被保険者)の加入月がある人
【妊娠85日(4か月)以上の死産、流産、早産を含む】

届出先 (平成31年4月(制度開始)から受付開始)

市保険課、各庁舎市民自治センター、各行政サービスセンター

必要書類

  •  母子健康手帳(出産前に届出する場合は、医療機関等で出産予定日を記入してもらってください)
  •  印鑑
この記事に関するお問合せ先

近江庁舎 市民部 保険課

電話:0749-52-6922
ファックス:0749-52-8730

メールフォームによるお問合せ