収集も持込もできないごみ

更新日:2017年11月30日

ごみ処理施設での破砕処理が困難なものは処理できません

管理機、金庫、オイル容器、ペンキ容器、タイヤ、バッテリー、LPガス容器、消火器、ピアノ、二輪車、劇薬のイラスト
  • 産業廃棄物
  • 農業用資材
  • ボイラー
  • 油脂類
  • タイヤ
  • 舟艇
  • 浴槽
  • 便槽
  • シンナー
  • ホイール
  • ワイヤー類
  • 耐火金庫
  • 塗料
  • バッテリー
  • バイク
  • ガスボンベ
  • 危険物
  • 農器具類
  • ピアノ
  • 消化器
  • 石膏ボード
  • 農薬
  • 電気温水器
  • 毒物
  • 劇薬
  • ポンプ類
  • 粗大ごみ処理施設での破砕処理が困難なもの

 上記のものは適切な処理ができないため、販売店・専門処理業者などに引き取ってもらってください。ごみ集積所に出されても収集できません。また持込みもできません。

詳しくは、販売店などに問い合わせください。

この記事に関するお問合せ先

伊吹庁舎 経済環境部 環境保全課

電話:0749-58-2230
ファックス:0749-58-1630

メールフォームによるお問合せ